犬は皮膚病にかかりやすい動物です|室温調整で乾燥を防ごう

聴診器とイヌ

ペットが体を痒がったら

医者と犬

犬が皮膚病を引き起こす原因は、虫刺されだけでなくアレルギーやアトピーが原因の場合があることを知っておくことが大切です。またこれらの症状がみられたら、ご飯を変えたりストレスを与えたりすることなく過ごせば、症状が和らぎます。

Read

意外と多い皮膚トラブル

犬

皮膚を乾燥させないこと

家庭で犬を飼っている人はとても多くいます。しかし、どんな病気を発症しやすいかまで深い知識を持っている人は、それほど多くはありません。犬が発症しやすい病気の1つとして、皮膚病があります。皮膚病は犬にとって重大な病気であり、激しい痒みを伴う犬もいます。また皮膚の乾燥もかゆみが悪化する原因になります。皮膚が乾燥している状態が確認されたら、ベビーオイルなどを乾燥している部分に塗ってあげることで、状態を悪化させないようにすることができます。また、犬種によっては、とても暑がりの犬もいます。暑さで体温が上がると、痒みがひどくなることがありますので、クーラーなどで最適な温度を常に保つよう工夫することが大切です。

ノミ対策はしっかりと

犬の皮膚病のうちで、最もなりやすいのがノミによるアレルギーです。ノミは身近な場所に生存しています。散歩中は、草むらの多い場所や、野良猫が住み着いている場所にノミが多くいる可能性が高いですので、できるだけ近づかないことが大事です。もしノミに食われてしまった場合、無理に皮膚から引き剥がさず、すぐに動物病院に行って手当てを受けるようにします。無理に剥がすと、ノミの体の一部が犬の中に残ってしまう可能性もありますので、慎重に対応することが大切です。そして、ノミがいる限りは犬が食われてしまう可能性があります。皮膚病を悪化させないためには、ノミ対策用の薬を病院で処方してもらうと良いです。犬がストレスを抱えないために、出来ることをしてあげることが大切です。もし自力では直せないと判断した場合は、すぐに動物病院に連れて行きましょう。動物病院では獣医が皮膚の状態を確認して、原因を突き止めてくれます。皮膚病は治療で治すことができますが、皮膚を傷めた原因が、飼育の方法や家庭の衛生環境などになる場合は、再発してしまう恐れがあります。そのため、獣医は飼い主に再発防止のための策をアドバイスしてくれます。

ペットの病気

チワワ

自宅でペットとして飼っている犬が、執拗に身体を掻いているのであれば、皮膚病の恐れがあるため注意が必要です。皮膚病の特徴は、寄生虫、細菌、アレルギーなどがあり、原因や症状によって治療法が異なっています。そのため、早めに動物病院で検査する事が大切なのです。

Read

様々な治療方法

イヌ

犬の皮膚病治療では、時にステロイド剤などの強い薬が使用されることがあります。こういった薬は、副作用が懸念されることが一つの問題です。現在では、皮膚病を患う犬にサプリメントを飲ませるケースもあります。肌の再生を促す成分や抵抗力を引き出す成分が配合されているのが、この手のサプリメントの特徴です。

Read